睡眠不足insufficient sleep syndrome

MKSAP18に面白い問題がありました。

Pulmonary and Critical Care Medicine > Question 72

 

 

 

 

insufficient sleep syndrome

 

聞こえはかっこいいが要するに睡眠不足

 

American Academy of Sleep Medicine and Sleep Research Societyは18-60歳の成人は1夜に7時間以上睡眠をとるのを推奨している。

the National Sleep Foundation consensus reportは18-64歳の成人は7-9時間の睡眠を推奨している(65歳以上は7-8時間)

充分な睡眠時間を確保しても日中の眠気がある場合相対的睡眠不足relatively insufficient sleepとされる。

 

7時間未満は睡眠不足Insufficient sleepとされ米国の成人の30%がこれに該当する。

睡眠不足は心血管疾患・肥満・全死亡率と関連あり

 

診断基準あり、以下のA-Fすべてを満たす必要がある

A             The patient has daily periods of irrepressible need to sleep or daytime lapses into sleep or, in the case of prepubertal children, there is a complaint of behavioral abnormalities attributable to sleepiness.

B             The patient’s sleep time, established by personal or collateral history, sleep logs, or actigraphy, is usually shorter than expected for age.

C             The curtailed sleep pattern is present most days for at least three months.

D             The patient curtails sleep time by such measures as an alarm clock or being awakened by another person and generally sleeps longer when such measures are not used, such as on weekends or vacations.

E             Extension of total sleep time results in resolution of the symptoms of sleepiness.

F              The symptoms are not better explained by another untreated sleep disorder, the effects of medications or drugs, or other medical, neurologic, or mental disorders.

 

睡眠不足は見逃されがちで、意識して問診しなければならない。

問診ポイント

・日中の倦怠感

・日中の睡眠

・運転中の眠気

・集中力欠如

・普段の睡眠時間(平日と週末で分けて問診する)

・シフトの仕事があるか(夜勤の有無)

・起きたときにスッキリしているか

 

鑑別疾患

慢性不眠

OSAS

Restless leg syndrome

薬剤

内因性疾患(神経・精神疾患)

 

睡眠不足の患者は自分の睡眠時間を過小評価していることがあり、睡眠日記かアクチグラフィーを行う必要がある

睡眠日記は7-14日記述させる

アクチグラフィーは腕に装着する機器で睡眠時間や睡眠パターンの評価に有用。