非オピオイドの痛みの治療

Nonnarcotic Methods of Pain Management

N Engl J Med 2019;380:2440-8.

DOI: 10.1056/NEJMra1807061

 

痛みの種類

Primary pain (e.g., widespread pain)

Neuropathic pain

Postsurgical pain

Post-traumatic pain

Cancer-related pain

Visceral pain

Musculoskeletal pain

Headache, including migraine

 

痛みの時間的評価

Acute pain

Chronic pain

Ongoing pain

Intermittent or paroxysmal pain

 

痛みの評価

Pain intensity

Pain interference

Coexisting conditions

Psychological functioning

Physical functioning

Social aspects

Fear-avoidance behavior

Pain catastrophizing

Self-efficacy

 

痛みの評価方法でよく使われるのは0-10点の11段階での評価

痛みという主観的なものを客観的に評価するのは難しい

 

非オピオイドの鎮痛薬には

アセトアミノフェン

市販薬としても購入することができる解熱鎮痛薬。作用機序に関しては2019年現在でも不明な点がある。薬疹のリスクが低いもののあり、また過量内服で肝障害をきたすおそれがある。米国では1998年から現在にかけて急性肝障害の最たる原因となっている。

妊婦でも安全に使用可能

 

アスピリンとNSAIDs

抗炎症作用と鎮痛、血小板凝集作用をもつ。

NSAIDsの副作用は嘔気、消化管出血、薬剤過敏反応など。

また抗血小板作用のため心血管系疾患や脳梗塞の治療で用いられる。

NSAIDsの良い適応は軽度から中等度の筋骨格系疼痛、歯痛、月経痛、いくつかの内臓痛、術後疼痛、そして片頭痛と緊張型頭痛のFirst line

 

抗不安薬

三環形抗うつ薬やSNRIが鎮痛薬として用いられることがある。

これらは痛み単独の患者よりも痛みと抑うつを合併している患者に効きやすい。神経の前シナプスでのセロトニンやノルアドレナリンの再取り込み阻害により痛みの経路を遮断していると考えられている。

これらの薬剤は神経痛に対してはFirst line、ときに片頭痛などの予防にも用いられる。

 

抗てんかん薬

ガバペンチンとプレガバリンは神経の電位依存性カルシウムチャネルVGCCのα2δサブユニットに働き、カルシウム依存の神経伝達物質の放出を抑えることで神経の活動を抑える。これらの薬剤は神経痛に対して用いられ、特にプレガバリンは線維筋痛症に用いられる。

プレガバリンは術後のオピオイド使用を減らせるという報告はあるものの有害事象も多く、周術期の使用は推奨されていない。比較的多い副作用は鎮静とめまい。

オキシカルバゼピンは三叉神経痛のFirst line

その他カルバマゼピンやラモトリギン、ラコサミドなども神経痛に対して用いられることがある。

 

局所治療

痛みに対する局所治療は中枢神経系に作用せず、全身性の副作用がでないため好まれることもある。

よく使われるのはリドカインパッチ(末梢性の神経痛)。痛みのある局所に12時間貼布。

カプサイシン(唐辛子に含まれる成分)は皮膚に塗布することで感覚鈍麻Desensitizationを起こし一時的に皮膚に局在している痛みの神経の数を減少させる作用をもつ。カプサイシンパッチは局所の神経痛に対するSecond line。

その他市販薬ではメントールやメチルサリチル酸なども鎮痛薬として販売されている。

 

 

その他の痛みの治療

ヨガ、音楽療法、温熱療法、鍼治療、マッサージ、カイロプラティックなど