AT,APTTのパターンからの鑑別

出血傾向のある患者でPT,APTTのパターンから鑑別したいときにどうぞ
PT延長する疾患は重症な場合はAPTT延長するかも…と覚えておきましょう


PT延長、APTT正常
Ⅶ因子欠乏
DIC
肝疾患
ビタミンK欠乏
ワーファリン欠乏


PT正常、APTT延長
第Ⅷ,Ⅸ,Ⅺ,Ⅻ因子欠乏
vWDヴォンウィルブランド病
ヘパリン使用


PT延長、APTT延長
Ⅴ,Ⅹ,Ⅱ因子欠乏
フィブリノーゲン欠乏
重症肝疾患
DIC
ビタミンK欠乏
ワーファリン中毒
ヘパリン過量投与


PT正常、APTT正常
血小板機能異常
vWD(軽症~Ⅷ因子の欠乏が軽度)
ビタミンC欠乏(壊血病)
エーラスダンロス症候群
遺伝性毛細血管拡張症HHT
ⅩⅢ因子欠乏