肝膿瘍 メモ

細菌性:腸内細菌が原因となりPolymicrobialとなる。

3㎝以下の膿瘍は抗菌薬投与のみで治療できることが多い。

5㎝以上の場合ドレナージや手術が考慮される。

 

Entamoeba histolyticaによる肝膿瘍:通常は抗菌薬投与のみで治療可能でドレナージは不要

典型例は旅行(感染)後3-5か月で発症する右季肋部痛

インド、アフリカ、中南米が流行地

使用する抗菌薬はメトロニダゾールがFirst line

腸管アメーバを併発しているため腸管アメーバに対してパロモマイシンを併用する