Cold stimulus headache

冷たいものを飲んだり食べたときに起こる頭痛

かき氷を食べてる時などに時々経験があるかと思います。

こんなCold stimulus headacheを真面目に調べた文献がありました。
潜時が意外と長いなぁというのが個人的な感想です

希少疾患ではありませんがHaNDL syndromeなど病態不明の頭痛というくくりのため希少疾患カテゴリにしてあります

 

The characteristics of head pain in response to an experimental cold stimulus to the palate: An observational study of 414 volunteers.
Cephalalgia. 2012;32:1123-1130.

 

414人のボランティアに協力してもらい、Cold stimulus headacheの特徴を調べた研究
頭痛の場所
眼窩 5.7%
前頭部 49.1%
側頭部 34.9%
前頭部+側頭部 10.4%

片側性 21.7%
両側性 78.3%

痛みの性状
ズキズキ/拍動性 37.7%
焼けるような/爆発するような 9.4%
重い/圧迫感のある 44.3%
衝撃的な 8.5%

痛みの強さ(NRS)
Mild(1-3) 18.9%
Moderate(4-6) 45.3%
Severe(7-9) 34.0%
Unbearable(10) 1.9%

冷たいものを摂取してから頭痛出現までの潜時
30秒未満 23.6%
30-60秒 34.0%
1-5分 39.6%
5分以上 2.8%

頭痛の持続時間
2分未満 17.9%
2-5分 70.8%
5-10分 6.6%
10分以上 4.7%