黄色ブドウ球菌と血管炎の関係

今週のBMJのAAVのマネジメントの話BMJ 2020;368:m421にPR3-ANCA vasculitisではStaphylococcus aureusが発症のリスクファクターになりうると記載ありびっくりしました

 

Staphylococcus aureusは感染後糸球体腎炎もきたすし面白いですね。

 

Sci Rep. 2017 Sep 22;7(1):12211.

PR3-GPA患者の60-70%が慢性的に鼻腔にStaphylococcus aureusが住んでいる。一般人口で鼻腔からStaphylococcus aureusがでるのは20-30%程度。

PR3-GPA患者のGPA再燃はStaphylococcus aureusの治療を行うと再発リスクを低下させることができる。