難聴をきたす薬剤

難聴はプロブレムとして軽視されがち。
入院・死亡・転倒・フレイル・認知症・うつなどのリスクファクターとなる。
介入できるものなら介入したいものです。
——————————

難聴をきたす薬剤
アミノグリコシド系
グリコペプチド系
マクロライド系
キニン
シスプラチン
カルボプラチン
オキサリプラチン
ループ利尿薬   聴神経にもNa/K/2Cl共輸送体がありループ利尿薬で難聴になる
サリチル酸