腹痛 小児の腹痛と消化管出血

 

消化管出血がある場合は鑑別を考えつつも、ABCDの評価を行い必要であれば輸血の準備などを並行して行いましょう

参考
N Engl J Med 2017;376:1269-77.
DOI: 10.1056/NEJMcpc1616020

 

6か月男児の間欠的な腹痛と消化管出血

鑑別診断

腸重積

腸捻転

炎症・アレルギー性胃炎/腸炎(HUS含む)

メッケル憩室

血管奇形

 

小児の腹痛精査には腹部超音波検査が非常に有効です。

この患者は腹部エコーで腸重積の除外を行いテクネシウムシンチでメッケル憩室の診断を行いました

メッケル憩室は通常は回盲弁から100cm以内にあり,異所性の胃組織,膵組織,またはその両方を有します。まれですが,消化管出血や腸閉塞および炎症(憩室炎)などを起こすことがあります。

治療は外科的切除になります。