腹痛 妊娠女性の腹痛

妊婦さんの腹痛は苦手意識がある方が多いのではないでしょうか?
私も苦手ですが嫌いにはならないよう努めています。

参考
N Engl J Med 2019;381:656-64.
DOI: 10.1056/NEJMcpc1900596

41歳女性 妊娠36週の女性の腹痛

鑑別疾患
妊娠女性の腹痛

妊娠中は子宮サイズ成長により反跳痛や筋性防御がでにくくなる

またプロゲステロンとリラリキシンにより筋肉が弛緩しやすくなる。

さらに妊娠女性では白血球増多、好中球の左方移動、代謝性アシドーシスの指標となる血中HCO3低下は正常妊娠でもみられるため感染や循環血液量減少などの評価が難しい。

妊娠女性で腹痛を主訴に受診した患者のうち非特異的な腹痛と手術が必要な腹痛の割合は同程度だったという文献もある。

妊娠中女性が手術になる非婦人科系疾患としては虫垂炎と胆道系疾患が挙げられる。

虫垂炎の罹患率は一般人口と変わらない(1/500-1000)
胆道系のトラブルは一般人口よりも多い(胆嚢の収縮力が低下するためと考えられる)

 

併せてこの文献も読んでおくといいかもしれません

Diagnostic Imaging in Pregnant Patients
With Suspected Appendicitis

JAMA. 2019 Jul 1. doi: 10.1001/jama.2019.9164.

妊娠女性の腹痛に対する画像診断のアルゴリズムは

まず経腹部または経膣超音波検査

それで診断がつかなければMRI

診断がつかない場合CT(10-25mGyで致死的な被ばく量となりうるため、2.5mGyと線量を落とす)