多発性硬化症と鑑別疾患

多発性硬化症(MS)は、脳、脊髄、視神経に炎症性障害を引き起こす中枢神経系の自己免疫疾患です。症状は多彩で寛解,再発する疾患なので初見で診断するのは非常に困難です。

よくわからない神経症状を呈する患者をみたらMSを鑑別に挙げましょう(暴論)

 

国家試験ではMSとNMOを同じところで扱いますが鑑別ポイントがいくつかあります

 

  • NMOの特徴
    視神経炎は両側が多い
    脊髄に広範囲に広がる(MSは分節性)
    髄液で著明な好中球優位の白血球増多(MSは正常~軽度増加)
    アクアポリン4抗体陽性(感度特異度はともに91-100%)

 

髄液のオリゴクローナルバンド検査はMSで90-95%が陽性となるものの、NMOでも25%が同様の所見を呈するため鑑別には使えない。

 

 

MSの鑑別疾患

神経系

・ADEM

・NMO

・Idiopathic transverse myelitis

 

膠原病

・SLE

・シェーグレン症候群

・サルコイドーシス

 

代謝性疾患

・成人発症型白質ジストロフィー

・ビタミンB12欠乏

・銅欠乏

 

感染症

・HIV

・ライム病

・梅毒

・HTLV

 

血管系

・脳卒中を起こしうるもの(過凝固・過粘稠)

・中枢神経血管炎

・Susac症候群

・片頭痛

・CADASIL

・中枢神経悪性腫瘍

・パラネオ

・身体表現性障害