HCVのマネジメント

 

HCV感染症と関わりのある疾患

肝硬変
肝不全
肝細胞癌

クリオグロブリン血管炎
心血管系イベント

 

C型肝炎の検査の流れは
まずHCV抗体の検査⇒陽性ならHCV RNA検査

HCV RNA陽性なら活動性のHCV感染症と判断。RNA陰性なら既感染。ただし感染して12か月はRNA量が上がらないこともあり陰性だからといって活動性がないとは言い切れない。

 

治療前にすべきこと
HCVのGenotype/subtypeの検査
HIV検査
HAV,HBVのワクチン接種
GFR測定
妊娠検査
非侵襲的な検査で肝線維化の評価(エコー、AST/血小板インデックス)
⇒肝硬変があれば肝細胞癌の精査

 

APRI = AST (IU/L) / AST upper normal limit (IU/L) /Platelet count (109/L) x 100

 

This index is aimed at becoming the surrogate marker of liver fibrosis in hepatitis C virus patients and avoid unnecessary liver biopsy in low risk cases:

■ APRI values below 0.5 rule out significant fibrosis;

■ APRI values between 0.5 and 0.7 indicate some kind of liver damage;

■ APRI values above 1 were found to indicate cirrhosis (sensitivity 76%).

 

 

薬物の安全性が高く、HCV根絶のために生命予後が1年未満と見込まれない限りは治療が推奨される。治療期間は8-12週。治療終了後RNAが測定下限未満なら“治癒”と判断する。

レジメンは初期治療は4種類、再治療が3種類あり