血小板増多の鑑別

血小板増多症の精査
BMJ 2019;366:l4183 doi: 10.1136/bmj.l4183 (Published 4 July 2019)

血小板増多症は血小板数が40-45*10^4/mcLと定義されており、一般人口では2.3%程度みられる。

原因
反応性または急性反応
IDA
感染症
リウマチ性疾患
炎症
手術や外傷
悪性腫瘍
脾機能低下、脾摘後
急性出血や薬剤

クローン性血小板増多
ET,PV,MF,CML,MDS